食べづわりで常に気持ち悪い!体重が3ヶ月で5キロ増加

 

少しでもお腹がすくと気持ち悪くなり、吐いてしまうこともできずに、うぇーっとえづくだけの状態です。
何かを口に入れるとおさまる為、常に何かを食べっぱなしです。少しでもヘルシーなものを、と氷を食べてみたり、ミカン、イチゴなどフルーツを食べてみています。
でもすぐまたお腹がすいてしまい、結局おにぎりなどお腹にたまるものを食べてしまいます。妊娠三か月で5キロも体重増加してしまい、お医者様にもやんわり注意を受けました。しかし、妊娠初期ということもあり、気持ち悪いのを我慢したり、考えすぎたり、ストレスを貯めるようなことになってもいけないということで、つわりのおさまった妊娠中期・後期で体重コントロールをするという条件で、お医者様より多めに見てもらいました。やさしいお医者様でよかったです。お医者様の助言により、このつらさは今だけだと、自分に言い聞かせて、なんとか乗り越えようと前向きにとらえることができるようになりました。

 

妊娠中に体重が増加してしまうことはよくある話ですよね。
ですが、問題なのはこの増えてしまった体重をどうやって無理なく減らす事ができるのかという点です。
このダイエット方法なら、無理なく続けていく事が出来ますよ!

 

無理なく減らすという意味では、ミドリムシを摂取するという方法もおすすめです。
ミドリムシナチュラルリッチの効果を知れば、きっと試してみたくなりますよ!

 

急激な体重増加や減少の際には、肉割れができてしまうこともあります。
そんなときにあせってしまうことがないように、肉割れの消し方について知識をつけておきましょう。

フルーツを切らさないようにし、ヘルシーなものを食べる。体重コントロールは妊娠後期に

 

なるべくヘルシーかつ体によさそうなものを口にするようにする。ちいさいおにぎりを作り置きしておき、持ち運んだり、いつでも食べられるようにする。ミカンやイチゴ等、フルーツをきらさない。
気持ち悪くなる前に、気分転換に近所を散歩する、深呼吸をするなど、いろいろなできることをしました。
それでもやはり体重は増加する一方でお医者様にも相談しましたが、妊娠初期ということもあり、気持ち悪いのを我慢したり、考えすぎたり、ストレスを貯めるようなことになってもいけないということで、つわりのおさまった妊娠中期・後期で体重コントロールをするという条件で、お医者様より多めに見てもらいました。やさしいお医者様でよかったです。お医者様の助言により、このつらさは今だけだと、自分に言い聞かせて、なんとか乗り越えようと前向きにとらえることができるようになりました。
気持ちの切り替え、持ちようが大切なのではないかな、と思います。

こちらの記事も人気です♪